一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
命日は今月7日ですが、
一週間早く三回忌を執り行うことになりまして、
久々のみなかみへ。


と言いましても、お寺さんには頼まず、
身内だけで集まってお墓参りを済ませて終わらせることにしました。
ばあちゃんもそれでいいって言っているような気もするし。






道路が凍結しているかもしれないので、
前日カーショップへチェーンを買いに行きましたが、
値段を見た瞬間、ダンナと私はチェーンなしでみなかみに挑むことを決意!


・・・良い子は真似しないでくださいね^^;





みなかみへ向かっている途中は、
文句のつけようのないくらいのいいお天気。


富士山もくっきり見えていたんですが、
みなかみに近づくに連れて雪雲がチラホラ出てきて、
到着した頃には吹雪の中にいました。


幸い道路は雪が積もっていなかったし凍結もしていなかったので、
チェーンなしでも問題なかった(?)のですが。






ばあちゃん家に入ると、すでに、
伯母や従兄弟達が先に到着していました。


コタツの上には数々の美味しそうな食べ物が・・・!
伯母たちが前日から準備していてくれたんです。


しばらくして父や弟も到着し、
早速、伯母の作ったお昼ご飯を頂きました。


みんなで美味しく頂いている最中に伯母が気付きました。


「ばあちゃんにお供えしてないじゃないのー!」


誰一人として気付かないで、
全く、何のために集まったのかわかりゃしません^^;





従兄弟の小学生の娘が、雪が珍しいらしく、
庭に積もった雪でかまくらを作って遊んでいました。


従兄弟も途中で手伝いに行っていましたが、
渋々行ったような感じだったのに、


「お父さん、もういいんじゃない?」
という言葉に、
「もうちょっと積もう!」


という声が聞こえてきたのは私の幻聴だったのでしょうか。


その甲斐あってか、
後で見に行ったら立派なかまくらが出来上がっていました。






後片付けをしている時、後ろからカチャンという音が聞こえ、
振り向くと、伯母が割れた急須を拾い上げているところでした。


「この急須、以前も割っちゃって、
 ばあちゃんが、気に入ってたんだ!って怒るから、
 同じの買ってきて弁償したんだよねぇ。
 また割っちゃったよ。」


もう怒るばあちゃんがいなくて淋しそうでした。






細かい破片があると危ないので、
「掃除機持って来ようか」と話していたら、
気付くと、隣の部屋でみんなとお茶していたダンナが、
掃除機を持って台所に現れました。


そんなダンナを見て、
「気が利くダンナさんねぇ〜」
って感心していました。


きっと私の躾がよかったんでしょう(`-ω-´)







今回は吹雪いていて残念ながら谷川岳が見えませんでした。


水紀行館も寒々としています。

水紀行館


足湯は冬季はお休みなんですね〜。
知りませんでした。

足湯


確かに、足は温かくても、
膝から上は凍死しかねないですもんね^^;



↓もしよろしければ1クリックお願いします♪
b

JUGEMテーマ:日記・一般


| みなかみ | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
義姉夫婦の中華料理店『桜花』が、

くにたち秋の市民まつりに初めて出店するということで手伝いを頼まれていましたが、
今日は私たちが行かなくても何とかなりそうだとの連絡が直前になって入りました。


一日空いたので、みなかみへ行くことに〜♪
天気予報は晴れ。さぞかしキレイな紅葉を拝めることでしょう。







ザーーーーーーーーーーーッ!





雨じゃん!


でもすぐに止むでしょう。ほら、虹も出てきた。


1


って、止むと思わせといて降ったり止んだりの思わしくない天気。
ガスもかかっていて、せっかくの紅葉が良く見えません。


とりあえず天神平ロープウェーへ。


2


乗り場までたどり着きましたが、
止む気配が感じられないので散々悩んでやめることにしました。
また来年来ればいいよね?


とりあえず乗り場の駐車場から雨に濡れながら紅葉を満喫。
紅葉はバッチリなんですけどねぇ。あとは天気だけ。


3


天神平を諦めて、先日も訪れた藤原ダム、奈良俣ダムへ。
こちらはお金かからないから天気が悪くても残念感が少ないでしょう。


まずは藤原ダム
迫力のダムと紅葉のコラボレーション♪


4



こちらは奈良俣ダム近辺です。


5


6


7


8


9


10


11


12


13


14


15


陽が差すと最高にキレイなんですけどね〜。
厚い雲の切れ間は僅かしかなく、
太陽は現れてもあっという間に姿を消してしまいました。


奈良俣ダムに別れを告げ、ばぁちゃん家に戻ることにしました。
戻る途中もキレイな紅葉を眺めることができました。
しつこいようですが、天気が良かったらもっとよかったのに・・・。


16


17


18


みなかみ駅の近くを通ったとき、なにやら騒々しい雰囲気に。
ちょうど、デゴイチが来ていたのです!


ダンナがいてもたってもいられなくなり、カメラ片手に突進していきました。
私は車の中でお留守番。


以下、ダンナ撮影の三枚です。


22


ターンしています。


23


後ろ姿。


24


野次馬やオタクたち。
この中のどこかにダンナはいます。


19


ばぁちゃん家に戻ってしばらくダンナはお昼寝タイム。
昨日普通に出勤して、今日は高速代を浮かせるために午前3時起き。
眠いはずです。


しばらくすると陽が差してきました!
ダンナを起こそうか悩みましたがしばらく寝かせておくことにしました。
もっと早く雨が上がってくれれば・・・。


20


夕方、ダンナが起きたので、ばぁちゃんの墓参りへ。
ゴメンネ、遅くなって^^;


もうそろそろ帰ろうか・・・という時刻になって、
ダンナがモジモジとこう切り出してきました。


「湯テルメ行きたいなぁ・・・」


湯テルメというのは、ジモティーだったばぁちゃんも絶賛の温泉施設なんです。


一時、みなかみでは沸かし湯を利用している、
純粋な温泉ではない所があると話題になりましたが、
ばぁちゃん曰く、この湯テルメは絶対本物だ!!とのことでした。


それからは私たちも何回か利用していたんですが、
露天風呂の景色が良く、ダンナもお気に入りだったんです。


でも今日これから温泉に入るとなると渋滞に巻き込まれる恐れがあったので、
今回は諦めることにしました。


その代わり、水紀行館にできた足湯に入ることにしました。
ちょうど端っこが空いたのですんなり場所をゲットできました♪


ところが体が冷え切っていたせいか、
お湯がとても熱くてなかなか足を入れることができないんです。
そんな私を、隣の見知らぬオジサンが苦々しい顔で見ていました。


なんでみんな、足を入れられるのー!?


ですが、数分かけてやっと足を入れたら、
ものすごく気持ちよくて、帰りたくなくなってしまいました。


景色もとても良かったので最高でした!!
写真ありませんが^^;


でもちょっと熱かったかな〜?と思いつつ、足を拭いて場所を空けたら、
そこに向こうの方で入っていたオバチャンが私たちが座っていた所にスルリと入り、
信じられない一言。


「なんだぁ?ここはぬるいわぁ。向こうの方が熱かったわぃ。」


マジデスカ(゜д゜;)?


私には熱湯コマーシャルは無理そうです。



まだ湯テルメに未練がありそうなダンナを説得し、
帰ることにしました。


帰り道の私の好きな景色。
地理的にこれは榛名山でしょうか。


21



↓ブログランキングに参加しています♪
b



| みなかみ | 23:44 | comments(3) | - | pookmark |
ダンナが一日空けてくれたので、
私の実家の方のお墓参りをするため、みなかみに行って来ました。


高速代を浮かせるため、3時に起きて、
3時半ちょい過ぎに家を出ました。


家を出発してからすぐ、ダンナが、
「ブレーキがサビついているみたいだ」


ちょっと!これから高速乗ろうという時に、やめてよね!!
久々にダンナのファーストカーであるFTOに乗ることにしたのです。
あまりに乗っていないので、エンジンをかける度にバッテリーがあがるという代物。
それでもダンナにとってはかけがえのない愛車らしく、
ピカピカに磨いたり、車検を通る限界まで手を掛けたりしています。


「車は男のロマンってわけ?」
と聞くと、
「男のマロン・・・」
とくだらないことを言っていました。


そんなことを言っているうちにみなかみに到着。


すごい!ETCの時間割引!!
通常の金額の1,600円引きで来れちゃいました。





ばあちゃん家に着いたのは朝の6時前。
伯母が作っておいてくれた精霊棚に線香を立ててから、
お茶を飲んだりしてマッタリ。


ダンナは家の中を掃除機かけたり、
墓参りに持っていく桶や柄杓を洗ったり、
私より張り切って仕事していました。






まだ朝早くてお店で花が買えないので、
先に車でドライブをすることにしました。


まずは奈良俣ダム。


みなかみの家から出発して40分位で到着。
見てください!この大迫力のダムを。



奈良俣ダム



この遊歩道を登っていけば30分で上に行けるそうです。
私たちは登りませんでしたが。


遊歩道



ダムの下はこんなかんじ。


ダム下流



地面には方角を示す絵が。


方位



下からダムを見上げてみる。


下から



奈良俣ダムの深透水が出てきていました。
結構冷たい。


深透水



フラフラ歩いていたら、見知らぬおっちゃんが声かけてきました。
「すぐそこのわき道から下に下りると、
 タヌキが餌付けされているところがあるんだよ。
 滝も迫力があって見応えあるよ。
 テレビで紹介されたことがあって有名だから見てくるといい。」


そこまで言われちゃあ、行くっきゃないでしょ。
と意気込んで行ってみたんですが、タヌキは見つかりませんでした。
まぁ、タヌキは夜行性だからこの時間は難しかったかな?
でも、滝は小さいながら結構な迫力でした。


滝





再び車に乗り、ダムの上へ。
5分ほどで到着。


本日の貯水量です。


ダム上



この資料館はまだ開いていませんでした。
仕方ない。まだ9時前ですから。


資料館



これはこのダムを作るときに使用した重機のタイヤらしいです。


タイヤ


とても大きいです。
大人が中で座ることができるくらいの大きさです。




次はこの下流にある藤原ダムへ。


藤原ダム



藤原ダムの上。


藤原ダム上



下を見下ろすと・・・。


藤原ダム下



みなかみの町の方からダムまでは、
自然がいっぱいで大変癒されました。
緑がまぶしかったです。




ダムツアーの後、再びばあちゃん家に戻る頃には、
もうスーパーが開いている時間だったので、
花と朝昼兼のご飯を買いました。
墓参りをして、ご飯を食べました。


Uターンラッシュに巻き込まれるのがいやだったので、
12時前にはばあちゃん家を出発し、家に帰ってきました。


ばあちゃん、また来るよ。




↓ばあちゃんへのお土産は五家宝
b
| みなかみ | 21:21 | comments(2) | - | pookmark |
みなかみへ、ばぁちゃんの墓参りに行ってきました。


墓参りを終え、またまた庭でバーベキュー。
ばぁちゃん家の庭でバーベキューするの、
最近はまってしまいましたw


準備をしながら父がおもむろに、
庭に生えていたドクダミの葉をちぎりグシャグシャに丸めだし、
止める間もなくそれを鼻に詰めて、

「こうすると鼻のつまりが治まるんだってばぁちゃんが言ってたんだ」

と嬉しそうに見せてくるので、伯母は失笑。
娘からは「そのドクダミかわいそう・・・」という言葉を浴びせられる始末。

暫くしてその可哀想な父の顔を覗くと、
鼻からドクダミの葉は消えてました。






たらふく食べて、後片付けをした後は、
みんな思い思いの時間を過ごしました。


伯母は庭に出来ているジャガイモを掘るのに夢中、
父は燃えきらない木炭を燃やし続け、
弟は疲れたようでかわいくお昼寝。


私は1人、散歩してくることにしました。
ただ、山の方に行こうとしたところ、
熊が出るから危険だと伯母に止められたので、
お馴染み、諏訪峡大橋の方までとりあえず足を運ぶことに。


道中、諏訪神社の額紫陽花がきれいでした。
まだ咲いているんですね。


諏訪神社


暫くすると諏訪峡大橋が見えてきました。


諏訪大橋


橋に差し掛かると、なにやら下のほうから歓声が!
下でラフティングなどのアクティビティをしている人たちの声でした。
ものすごく楽しそうです!!


ラフティング


ラフティング以外にも、
このようにビート板みたいな物で川と戯れる人たちもいました。
新しいアトラクションでしょうか。


新しいアトラクション?



天気はまぁまぁだったんですが、谷川岳は生憎雲に覆われていました。


谷川岳



まだ家を出て5分ほど。
この後、どうしよう?と思いながら歩いていると、
遊歩道に降りる道を発見。


遊歩道はこちら


迷わずこの看板に誘われるまま入っていきました。


遊歩道まで


整備されていない道を歩くのって、
とても気持ちいいものですね。


関越道も見えたりします。


関越見えた


犬のトイレが!
珍しい。
ダルメシアン以外の犬のも入れて良い・・・はず。


犬のトイレ


利根川にかかる笹笛橋。
木製の趣のある橋ですね。


笹笛橋


ちょっと自信ないみたいなこと言ってます。


とにかく危ない


でも1人なので余裕で渡れるでしょう。
そう高をくくり渡り始めました。


笹船橋こちら側


はじめは余裕だったんですが、
中ほどまで行くとグワングワン揺れました。


5人以上乗ると危険っていう橋を、
1人で渡って壊したら恥ずかしい・・・と、
身の危険よりまずそっちの方を心配しました。


そんなことを考えながら向こう岸に到着。


笹笛橋あちら側


そこには子供達の銅像が待っていました。


銅像


この銅像の写真を撮っているときに、
カメラを持つ私の白魚のような手に薮蚊が止まり、
私の美味しい血をチューチュー吸い始めました。


ギャー!


でもカメラを落としちゃなんないし、
反対の手はポシェットを持ってたし、
即座に蚊をたたき殺すことも出来ず・・・。


執念で銅像の写真を撮り、
ワー!っと走って逃げ、
この歌の写真も瞬速で撮って駆け抜けました。


笹船橋の歌


こんなに小さな橋なのに、歌まであるなんて。
と感心しながら進んでいくと・・・。


私の行く手にアベックが!!
人気の少ない遊歩道でアベックと行き交うのはとても気まずいので、
さっき蚊がいた所をまた駆け抜けて、
笹笛橋を戻ってきました。


なんか、笹笛橋の向こう側で、アベックと反対側の遊歩道は、
落石があるため通行禁止になっていたみたいだったので、
そっちの方には行けなかったのです。


危険地帯


笹笛橋の下から諏訪大橋を覗くと、
バンジージャンプをする所が見えました。
ここでは高低差40mをダイブすることができます。


バンジー


参加資格は13歳以上。体重40kg〜105kgの人。


私は40kg以上あるからできますw
年齢もかろうじて引っかかりませんでしたww


一生に一度はやってみたいものです。
でも残念だー。
7月中は水曜日以外毎日開催なので、
今日は水曜日なのでやっていませんでした。


8月は毎日開催だそうです。


参加費用は一回目が7,500円。
二回目以降は4,000円です。
経済的にも無理でした。




与謝野晶子の歌碑がさり気なく立っていました。


与謝野晶子歌碑


与謝野晶子は温泉めぐりが好きだったようで、
各所で歌を詠んでいたそうです。


みなかみではこの歌を。


『岩の群 おごれど阻む ちからなし
 矢を射つゝ行く 若き利根川』




そういえば数日前に鉄腕DASHで、
『水場の緊急事態に備えろ!水難強化訓練!!』
というテーマでここ、諏訪峡を舞台にメンバー達の死闘が繰り広げられていました。


そこで使われていた岩があるかな〜?と、
辺りを見回してみたのですがそれらしいのは見つかりませんでした。
もうちょっと下流の方だったのでしょうか。




もと来た道をそのまま帰るのはシャクなので、
水紀行館の方へ行くことにしました。


マリーゴールドが川に沿ってきれいに咲いています。
昔はこんな風に整備されていませんでした。
こんなにきれいだと歩く楽しみが増えますね。


マリーゴールド


そして水紀行館に到着。


水紀行館


ここでは土産物が売っていたり、
食堂があったり。
擬似ロッククライミングの施設もあったようななかったような。


それから小規模ながら水族館もあるんですよ。
町民のお年寄り限定だったかもしれませんが、
カードを持っていくと無料で入れたんです。
ばぁちゃんのカード、まだ使えるのかな?まさかね。


振り返ると、なんと、水紀行館の駐車場の端に足湯ができていました!!
知らなかったー!


足湯


足湯に浸かりながら利根川を眺めることができます。
座っちゃうと見えないかもしれませんが^^;


足湯と利根川


私も浸かろうか悩んだんですけど、
もうそろそろ父たちが捜索願いを出しかねないので、
今回はガマンガマン。


私を置いて先に帰っちゃう心配はないんですねー。
だって父も弟もバーベキューのときにビールを飲んでますからw
運転手は強いのです。( ̄ω ̄)v


こちらも水紀行館の駐車場の隅にあります、
電気機関車(EF16-28)です。


電気機関車


水上⇔石打を走行し、
昭和56年にお役目を終えた電気機関車。
翌年にはここに展示されるようになったみたいなんですけど、
その頃のこと、何となく覚えています。
あ、去年はなかった機関車がある!って。



一時間弱の散歩を終え、家に戻ってみると、
まだみんなマッタリしてました。


みんなが心配しているかと思ったんですけど、
「もう帰ってきたの?」的な空気を読み取ることができました。



今回ばぁちゃん家で気になったんですけど、
このカタツムリをわんさか目にしたんです。


アメリカから来たカタツムリ


伯母曰く、アメリカから来たものなんだそうです。
名前聞いたけど忘れちゃったー(汗)


あまりに大量に発生していたので恐怖を覚えました。
日本のカタツムリ、がんばれ!




ETCの割引時間も迫ってきていたので、
ばぁちゃんにしばしの別れを告げ帰ってきました。



↓みなかみはいいところですよ
b
| みなかみ | 22:44 | comments(9) | - | pookmark |
「今度、伯母さん『コキ』なんだよ」

父から数日前電話でそう言われ、
電話の子機のことかと思って話が噛み合わず、
真相を知った父にケチョンケチョンに罵られたシエスタです。

無知な娘ですみませんでしたね(--;)



古希・・・(こき。原文の文字は古稀。「稀」は常用漢字にはないので現在は「希」と書く)70歳のこと。
唐の詩人杜甫の曲江(きょっこう)詩
「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」
(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。しかし、人生七十年生きる人は 古くから稀である)に由来する。

『Wikipedia』より

近年、70歳と言ったらもう稀ではないですけどね。



ということで、伯母のハタチの誕生日も兼ねて(ここは伯母のためにもサラリと流して)、
みなかみでBBQをしてきました。


今日のみなかみの天候は曇り。

負けず嫌いな私たちは口々に、
「雨が降らずに良かったねぇ。
 しかも、陽も射してないから熱すぎないし。
 曇りでよかった。よかった。」


そんな曇りの谷川岳。


谷川岳と諏訪峡



到着して、ばぁちゃんの墓参りを済ませ、庭でBBQ開始。


BBQ


焦げてる焦げてる!!
弟は、タマネギに串を刺す作業にてこずってました。
手前のがそれw


外で食べるのってなんでこんなに美味しいんでしょうね。
野菜も、こんなに切っちゃっていいのかな?
でも余ったら晩御飯の野菜炒めにすればいいか。
なんて思いながら準備したんですけど、
みんなでペロリと食べちゃいました。




恒例(?)ばぁちゃん家の庭〜。



こちらは大手毬(おおでまり)だそうです。
伯母が教えてくれました。
紫陽花みたいですが、スイカズラ科なんです。


おおてまり



牡丹?芍薬?
自分でも芍薬を育てているのに未だに区別がつきません。


牡丹


家に帰って調べてみたら、
牡丹は木で、芍薬は草なんだそうです。



終わりかけの藤^^;
ばぁちゃんのお墓に行く途中に咲いていました。


藤


残念ながら八重桜は終わったばかりだったようです。




BBQの後片付けをし、
諏訪大橋まで散歩してきました。



諏訪峡



今日はバンジージャンプはお休みだったようです。
残念だ。
やってたら是非ともチャレンジしたいのに。
ウソです。すみません。


バンジー



この川に真逆さまなんですね。
景色を楽しむ余裕なんてあるのでしょうか。


川


ここからの景色は本当に最高です。


諏訪峡



今日の谷川岳はこんな感じでした。


谷川岳


雪解けの始まるこの時期、谷川岳には犬の形が現れるのだそうです。
父から聞いた話を元に描いてみました。


犬


犬がきれいに現れるには少し時期が早いんだとか。
お腹のクビレがもうちょっと出るんだそうです。



犬と言えば・・・。

父は自他共に認めるネコ派だったんです。

しかし、弟情報によると、
めざましテレビの『今日のワンコ』によって、
イヌ派に寝返ったんだそうです。

そういえば、ちょっと前も、
今日のワンコダイジェスト版を作ってました^^;

毎朝、その時間を待って録画ボタンを押すという、
地道な作業を繰り返して作り上げたダイジェスト版を、
自慢げに私に見せびらかしていました。

最近はもうダイジェスト版の製作はしていないようなんですけど、
仕事のない日は『今日のワンコ』の時間になると、
しっかりテレビの前に陣取っては、
「まいったな〜。イヌ派になっちゃったよ」
と呟いているんだそうです。




おまけ。
今日の実家周辺。


実家1


実家2
| みなかみ | 19:00 | comments(0) | - | pookmark |